苦労を解決するコツ

介護職として働いていく時に、誰でも感じやすい苦労が存在しています。働いていく中で、入所している高齢者とのコミュニケーションを取ることが難しいと感じる方が多くなっているのです。身体的なお世話を行うことができても、心のキャッチボールが行えなければ、お世話していく時にも影響が出てきてしまうでしょう。
介護職として利用者とコミュニケーションを取りたいと考えたときには、一人一人の個性を認めることから始めてみましょう。入居している利用者は、性格も違ってきます。明るい性格の方もいれば、静かな性格の方もおり話したい内容も異なってくるのです。一人一人の違いについて認めていけば、お互いに強固な信頼関係を作れるようになるでしょう。若い介護士は、利用者に遠慮してしまいうまく話を行うことができません。この苦労を感じてしまう新人職員の話はよくあることになっています。
利用者とうまく接することができないときには、先輩の職員の真似から入ってみるとよいでしょう。職員の中でも、利用者に対しての対応が上手な職員は必ず存在しています。どこの施設でも、利用者の信頼を勝ち取っているプロの職員がいますが、自分との対応と何が違うのか細かくみてみたり、よい部分を真似してみることで、仕事を行いやすくなるのです。利用者との対応に苦労を感じている場合には、先輩職員の対応や何に気を使っているのか細かく確認したうえで、その行動を真似てみるとよいでしょう。紹介したコミュニケーションの取り方以外でも苦労していること、悩んでいることがある方が【介護職の苦労話】を読んで、解決の糸口を見つけていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です